洗面所のフローリングリフォーム

(出典:photo-ac)

洗面所のフローリングリフォーム

洗面所は洗面や身だしなみを整えることだけではなく、脱衣室を兼ね備えていたり、洗濯場にもなるので、毎日水ハネがあり綺麗に保つのがなかなか困難な箇所です。

 

こうしたことから、洗面所の床材は大事なので、カラーや、タイル、コルク、シート、クッションフロア、マットなど素材の選択の仕方、タイルでも冷たくないものや、床が冷たいことが気になる人のために床暖房タイプなどや、洗面所の床の黒ずみや汚れ、カビを落とす掃除方法や張り替えにかかる費用、リフォーム例も気になるのではないでしょうか。

 

そこで今回は、洗面所の床材のカラー等選択の仕方や張り替え費用を詳しくご紹介していきます。

 

洗面所の床材の清掃の仕方は?カラー等の選択方法のポイントやリフォーム例

水回りの床材は何かと汚れが溜まりやすく、知らないうちにカビや黒ずみなどの汚れが蓄積してしまいます。

そのため、まずは洗面所の床材として選択されることの多いクッションフロアのお手入れのやり方を確認してみましょう。

 

クッションフロアの清掃方法は?

洗面所のフローリング材として使われるれることが一番多いクッションフロアは、耐水性や比較的安価な価格で購入することがメリットですが、他の床材と比較すると多少汚れやすいという特性はあるそうです。

とはいえ、お手入れをすれば長持ちする材質でもあるので、次の通りお手入れをしてみましょう。

1、準備するもの

  • ぞうきん
  • 中性洗剤、水
  • メラミンスポンジ、セスキ炭酸ソーダ水(汚れがきついときのみ)

2、掃除方法

日常のお手入れでは、他の床材よりもはるかに手間がかからないので、中性洗剤を水で希釈したものに雑巾を浸し絞って拭くだけで大丈夫です。

 

ただ、クッションフロアはビニール製のため、静電気によるホコリ汚れが付着しやすいため、フロアモップや掃除機をかけるだけでなく、雑巾がけなどの拭き清掃を行った方が汚れが残りにくくなります。

そのため、洗剤はなるべく残さないように気をつけないと、床面が滑りやすくなりますので注意が必要です。

 

それから、洗面所は衣類や体から落下する誇りによる黒ずみ汚れが目立ち、これは壁側やドア際の床の箇所でよく見られるのですが、中性洗剤だけでは落ちないので歯磨き粉を少し、古い歯ブラシにつけて円を描くようにするとさっと落ちます。

 

ただ、広範囲の場合は要領が良くないので、その時はセスキ炭酸ソーダ水とメラキンスポンジを使用し、優しく中和させながら汚れを浮かし、落としてみましょう。

 

このようなやり方で日常的なお手入れは実施できますが、それでも毎日使用する洗面所は清掃が追いつかなくなることも少なくなく、床がボロボロになってしまった…という方は、次の通りリフォームに適切な床材の選択方法を確認していきましょう。

 

洗面所に適した床材の選択方法のポイントは?

水回りに適した床材は、「水に強い」「汚れに強い」「メンテナンスしやすい」といった特徴を持っていることが大事で、どんなに気を遣っていても飛び散る水や洗剤、油の汚れなどもさっと容易な拭き清掃で済むクッションフロアや加工した複合フローリングがおすすめです。

 

床材に関連する記事

 

洗面所の床のカラーを選択する時には?

洗面所は化粧をしたり身だしなみを整えたりと、床材のカラーを選択するときには、特徴だけではなく、明るく心地よい空間になっているかどうかを重要視した方が良いでしょう。

 

そして、柄などのデザインされたものを施すのであれば、隣接する浴室や廊下など、他の空間とのつながりにも考慮するようにしましょう。

 

カラーに関連する記事

フローリングリフォームでカラーの選択 メリット・デメリット

 

洗面所の床材の選択方法は?

耐水性、耐汚性の他にも、各素材には次のような色々なポイントがあるので、料金やメンテナンスのしやすさ、種類の多さなど、様々な観点でよく検討するといいのですが、全体的にはフローリングを選択する家庭が多くなっているようです。

 

そして、フローリングといってもクッション付きのフロアタイプや、トイレが設置されている洗面所であれば耐アンモニア性が高いもの、床暖房対応のものや車椅子対応のフローリングなど様々販売されているのでじっくり選択たいですね。

 

それでは、床材ごとの特徴やおすすめ商品を確認していきましょう。

 

洗面所におすすめ床材の特徴は?

フローリング

フローリング

(出典:photo-ac)

木質系フローリングには、無垢のフローリング材と複合フローリングがあり、無垢のフローリング材は単層フローリングと言って単一の無垢材だけでできたものです。

そして、複合フローリングは合板の表面に化粧材を張り合わせたもので、使用する化粧材によって薄く削った天然木の付き板にするか、樹脂化粧シートなど特殊加工の化粧材を張った種類に分かれるようです。

 

そして、一般の家庭で多く使用されているのは複合フローリングで、塗装の加工によって耐水性や汚れ防止、洗剤や漂白剤に耐えられる特徴を持った物など様々あります。

それに、複合フローリングは材質やカラー、料金など商品の種類も沢山あり、大理石やタイルの風合いのある種類も見られるので、綺麗なだけでなくモダンな空間に施すことができそうですね。

 

 クッションフロア

クッションフロア

(出典:photo-ac)

塩化ビニールを使用した長尺の床材でCFとも呼ばれることもあり、耐水性が高く汚れも付着しにくく落としやすいことがポイントで、適度な弾力性もあります。

そして、料金も安価なものが多く、リフォーム時にはDIYでやろうと思えばできますし、以前と比較すると高級感のある商品や、カラーや柄などの種類も沢山ありますし、防菌や防カビ、消臭機能を持つ種類など、好みによって選択できます。

 

プラスチックタイル

塩化ビニール樹脂などを使用してタイル状に加工した床材で、カラーや柄の種類も沢山あり、比較的堅く耐久性や耐薬品性が高いです。

 

タイル

タイル

(出典:photo-ac)

耐久性、耐水性共に高く、拭くだけで容易に清掃ができることが魅力的です。

そして、カラーやデザインなども沢山あり、床暖房に対応しているものも多く、大型のタイルを用いて目地を少なくしたり、色目地を使用するなどして汚れを防止することもできるので、安心です。

 

コルク

コルク

(出典:photo-ac)

コルク樫の樹皮を原料とした木質系の床材で、コルクを粒状にし焼き固めたもので、タイル状のものだけでなく、コルクフローリングとしている商品もあります。

そして、表面の仕上げに加工を施し耐水性や耐汚性が高い種類も揃っていて、断熱性も高く、適度な弾力があって足腰への負担も少ないことが特徴です。

 

また、床暖房に対応したものもあり、高齢の家族で暖かい床と転倒の不安を避けるなら、コルクタイプの床暖房付きがおすすめです。

 

天然繊維(ココヤシ・麻など)

ココヤシの線維はリグニンが多く含まれたセルロースの繊維で、丈夫で耐水性で腐りにくくカビも発生しにくいことが特徴で、耐久性や断熱性が高く汚れや水に強い材質です。

そして、ざっくりとした独特の風合いで、色味だけでなく、折り方にも変化を持たせた商品が様々販売されているので、好みに合わせて選択ことができます。

 

洗面所の床リフォームの例!張り替えにかかる費用はいくら?

洗面所の床リフォームにかかる費用の相場を確認してみましょう。

一般的な洗面所の床の張り替え費用の相場は2万円~5万円程度のようです。

もちろん、ここに床材の料金がかかってくるので、材質やカラー、デザインの選択の仕方によって変わってきますが、それほど高額ではないのではないでしょうか。

 

ちなみに、洗面所の床材は少しでも劣化が確認されたらすぐに張り替えするべきで、これをそのままにしておくと、床の下地にまで劣化が浸食し、家そのものの寿命に影響するので、費用を抑えるためにも早めに対処することをおすすめします。

洗面所の床材のイメージがだいぶ膨らんだところで、実際に張り替えをしよう!と判断されている方が少なくないのではないでしょうか。

 

そして、張り替えをされる方の中には、DIYでやってみようとする人が少なくないようですが、洗面所の床材は寸法からして複雑で、DIYでやると失敗をしかねません。

また、何より古い床材を剥がして下材が劣化していた時に、なかなかDIYでは対処が困難ですし、結局数日の間は洗面所が使用できなくなってしまったなどということになりかねません。

 

そんな複雑な洗面所のリフォームをDIYでやる自信はないという人は、そんなに費用も高くありませんのでプロの業者に依頼するのもいいかもしれません。

 

張り替え費用に関連する記事

 

最後におすすめ商品紹介

新素材・新工法の重ね張りフローリングはナオス・テック株式会社のナオスフローリング

カシピカカシピカ

こんなお悩みございませんか?


チェックボックス 傷だらけの床を新調したい

チェックボックス コストを抑えてフローリングを新調したい

チェックボックス 和室を洋室にしたい

チェックボックス 建具・インテリアに合う色のフローリングにしたい

チェックボックス 住みながらフローリングを新調したい

チェックボックス フロアタイルなど樹脂材ではなく、木質系のフローリングでこだわりたい

チェックボックス 床暖房だけどフローリングを新調したい

 

  ナオスフローリングならすべて実現可能です!

ナオスフローリングが選ばれる3つの理由

理由1

張り替え工事の約1/3ほどの低価格

既存床の上から張るので廃材が少なく、張り替えだ と数日かかる工事が短期間で完了するため、作業時間が減りコストカットにつながります。

張り替え工事の約1/3ほどの低価格

理由2

短工期&対応の良さ

短工期&対応の良さ

短工期&対応の良さ

理由3

有害物質の放散リスクを抑え安心・安全

従来の床を張替え工事は実は、今まで隠れていた有害な化学物質が放散されるのです。その結果、深刻な室内空気汚染が引き起こされるため、健康障害まで発展する恐れがあります。
本来ならば空気室検査を行って、現状を確認しなければいけないという大掛かりな工事まで発展する可能性がありますが、ナオスフローリングは既存の床を壊さずに、「上から貼るフローリング」なので、健康面も安心してフローリングを新調できます。

有害物質の放散リスクを抑え安心・安全


下地を選ばないのであらゆる既存床に施工可能

あらゆる既存床に対応可能


 
施工の流れ


  ナオスフローリングについてのお問い合わせはお電話またはメールフォームからお気軽にご連絡ください

botan


私は山形県でフローリングリフォーム業を営んでおります。
山形県でフローリング上張りを専門で工事しており、ナオスフローリングという商品を扱っております。

3mm厚の薄型フローリング上張りです。 (早い!高品位!安い!エコロジー!)

3mm厚のフローリングなので上張り工法のデメリットである、段差をほぼ解消でき、また、ほとんどの床に施工が可能となっております。

クッションフロアやP タイルやフロアタイルなどで、いかにもフローリングと見せかけても、やはり質感はあくまでも「木質系」にはかないません。

ナオスフローリングの上張り工法であれば、張替えより安価に満足感の高い、高級フローリング床を手にいれられます。

フローリング上張り専用フローリング材は他メーカーでも販売されておりますが、ナオスフローリングは他ではマネの出来ない差別化できる商品となっております。

ナオスフローリングの特徴

ナオスフローリングだと剥がさず上から張るだけで新品フローリングに!

これまでフローリングの張替えは既存のフローリングを剥がして、新たなフローリングを張るという方法でした。

そのため、剥がしたフローリングの廃棄処分費用や剥がすための手間がかかり費用もかさみました。

また、マンションのフローリングにほとんど使われているLL45といわれる遮音フローリングは柔らかいことから上張りが困難なため、通常フロアタイルと呼ばれる硬質塩ビタイルなどを張っていました。

フロアタイルは木質系の柄も沢山あるので、見た目の違和感もほとんどありませんが、床暖房の床に張れない、浮きや隙間が生じやすい等の問題がありました。

これらの問題を

【ナオスフローリングシステム】

は解決いたします!!



   

🔹ナオス・テック株式会社による認定技術者の責任施工で任せて安心です。

一般販売すれば売れる商品と解りつつも、単に売って利益をだす「売りっぱなし」自社思考ではなく、最後まで工事が必要とお客様思考ですので、しっかりと技術指導を受けた加盟店にしか販売施工出来ないシステムをとっております。

🔹大手建材メーカー『DAIKEN』との共同開発3 ㎜厚フローリング

3㎜厚なのでドアや建具などへ干渉するなどの影響が少ないです。

有害物質やシックハウスも安心の『F☆☆☆☆』獲得。

🔹今まで出来なかった… 『LL-45 等級』への上張り施工が可能!

直張り(遮音性)フローリング(※)に上張り施工が可能!!
産業共同での試験や、採用先での試験を通じ、「遮音性を劣化させない」「(指定工法で)畳同等の遮音性を確保できる」と確認できています。

既存の床の上に張るフローリング材は他にも流通し施工されていますが、防音の床の上に施工できるフローリング上張り材は弊社が扱うナオスフローリングだけです。

※敷設対象はLL45(ΔLL(Ⅰ)-4)等級まで

クッションフロア・長尺シート等にもそのまま上張りが可能です。

🔹新開発変成シリコンボンドで『床暖房』に上張りOK!

冷熱サイクル試験を通じて、熱による接着力の劣化がないこと、また、実生活環境化で敷設前後の床暖房の温度上昇定点試験を介して、温度上昇を大きく妨げないことは確認できています。

🔹施工が早い 『工期短縮』『低価格』(通常1~3 日/ コスト3~4 割減)

既存床の上から張るので一般的な住宅なら、1~3日で新品のフローリング床に生まれ変わります。

工事騒音が少なく、クレームが出にくいです。

施工研修を修了した専任加盟店が施工にあたるため、施工品質が安定している点も評価されています。

🔹傷んだ床だけでなく、模様替えとしても楽しめます。

日焼け、傷、はがれなど見た目が悪くなってしまった床はもちろんのこと、床色を一新したいときにもおすすめです。

最近では和室から洋室への変更を希望される方も多く、畳からフローリングへ施工も可能です。

🔹設置後の部分メンテナンスが可能!

ナオスフローリングは1枚単位で張替えができます。

🔹ペット・介護リフォーム対応の防滑シリーズもあります。

ナオスフローリングには、表面に滑りにくい処置が施された防滑仕様もあります。

すべての種にとって滑りにくいことを保証するものではございませんが、多くのペットオーナー様宅に施工しご評価いただいています。

🔹生産過程でUV 塗装されているからお手入れ簡単です!!(ワックス不要)

生産過程で表面にUV塗装が為されており、ワックス不要の表面仕様となっています。

定期的にワックスを塗る必要がなく、水拭きもできるメンテナンス性も評価されています。

大手ハウスメーカーのリフォーム・リノベーションのパッケージとして採用

「張替えに比べ、工期もコストも抑えられる」「施工性・意匠性が他社上張り材より優れている」 「やり直しが利くから、施工不良リスクがなく安心できる」とご評価いただき、着実に採用実績を伸ばしている商品です。

関東、関西では人気の商品となっており、まだまだ山形県では認知度が低く、フローリングでお困りの方に貢献し喜んで頂きたいと考えております。

高品質が認められ公団・公社、その他大手企業様に採用

施工事例


 

施工動画紹介


パンフレットです。こちらをタップ
キャンペーン開催中!!施工料金は今すぐこちらをタップ!!
ナオスフローリングについてのお問い合わせについてはお電話またはメールフォームからお気軽にご連絡下さい。
botan

対応エリア

山形県全域対応いたします。
※基本対応範囲は山形県になりますが、埼玉県、東京都、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県においても加盟店のネットワークがあり同じ条件で対応させて頂けますのでお気軽にお問い合わせ下さい。
それ以外の都道府県の方でも対応の不可確認いたしますので一度お問合わせ下さい。

村山地域
山形市 寒河江市 上山市 村山市 天童市 東根市 尾花沢市 山辺町 中山町 河北町 西川町 朝日町 大江町 大石田町

最上地域
新庄市 金山町 最上町 舟形町 真室川町 大蔵村 鮭川村 戸沢村

置賜地域
米沢市 長井市 南陽市 高畠町 川西町 小国町 白鷹町 飯豊町

庄内地域
鶴岡市 酒田市 三川町 庄内町 遊佐町

■五十音別

【あ】
  • 朝日町 (あさひ)
  • 飯豊町 (いいで)
  • 大石田町 (おおいしだ)
  • 大江町 (おおえ)
  • 大蔵村 (おおくら)
  • 小国町 (おぐに)
  • 尾花沢市 (おばなざわ)
【か】
  • 金山町 (かねやま)
  • 上山市 (かみのやま)
  • 河北町 (かほく)
  • 川西町 (かわにし)
【さ】
  • 寒河江市 (さがえ)
  • 酒田市 (さかた)
  • 鮭川村 (さけかわ)
  • 庄内町 (しょうない)
  • 白鷹町 (しらたか)
  • 新庄市 (しんじょう)
【た】
  • 高畠町 (たかはた)
  • 鶴岡市 (つるおか)
  • 天童市 (てんどう)
  • 戸沢村 (とざわ)
【な】
  • 長井市 (ながい)
  • 中山町 (なかやま)
  • 南陽市 (なんよう)
  • 西川町 (にしかわ)
【は】
  • 東根市 (ひがしね)
  • 舟形町 (ふながた)
【ま】
  • 真室川町 (まむろがわ)
  • 三川町 (みかわ)
  • 村山市 (むらやま)
  • 最上町 (もがみ)
【や】
  • 山形市 (やまがた)
  • 山辺町 (やまのべ)
  • 遊佐町 (ゆざ)
  • 米沢市 (よねざわ)