畳からフローリングへリフォームする金額や工期などのポイントをご紹介

(出典:photo-ac)

畳からフローリングへリフォームする金額や工期などのポイントをご紹介

「畳からフローリングにリフォームしたいけど、何から始めたらいいのかわからない」「リフォームが失敗しないか心配」など、悩まれてる人は多いでしょう。

 

家族の成長や生活スタイルの変化と同時に、賃貸なども含め畳からフローリングへリフォームを考える人が増えてきています。

フローリングにリフォームには費用がかかるので、失敗したくありませんよね。

要点を押さえておけば、理想的な室内空間に出来あがります。

 

そこで今回は、畳とフローリングの基礎知識やリフォームのやり方・業者の選択方法などを詳しくご紹介していきます。

この記事を確認することで、畳からフローリングへリフォームするために必要な情報を入手することができます。

畳とフローリングについて知りたい人やリフォームを検討されている人はぜひ参考にしてみてください。

 

畳とフローリングの基礎知識

1.畳とフローリングの基礎知識

(出典:photo-ac)

畳からフローリングへリフォームをする前に、それぞれの基礎知識を学習しておきましょう。

畳・フローリングのタイプとメリット・デメリットについて説明します。

 

畳とは

日本で使用されている伝統的な床材が畳です。

世界にはない日本独特の文化になります。

古代の畳は、筵(むしろ)・菰(こも)・茣蓙(ござ)などを示していました。

畳は、主に縦横比が2:1になっている長方形と、長方形サイズを横半分にした正方形の2つのタイプがあります。

大きさは、910ミリメートル×1,820ミリメートルが基本のようです。

 

畳の種類

畳の種類は構造によって色々です。

一般的に使われているのが、縁つき畳になります。

縁のある畳で、13~18ミリメートルの薄い畳も販売されるようになりました。

 

そして、もう1つのタイプが縁無しの畳です。

一般的な畳とは違いがあり、縁がありません。

加工が困難で、琉球(りゅうきゅう)畳や琉球(りゅうきゅう)風畳などが使われてています。

 

畳のメリット・デメリット

畳の最大のメリットは、日本の伝統が感じられる雰囲気の空間になることです。

すぐ横になることができ、大人数の来客があった時でも対応できるでしょう。

デメリットとしては、畳の上に家具など設置することができないことや、シミが取れにくくお手入れが大変なことです。

畳はものを設置することを前提としていないため、設置してしまうとダニやカビの原因にもなります。

また、跡がつき、汚れとして残る場合もあります。

 

フローリングとは

日本の住宅や公共施設など幅広い場所で導入されている床材です。

もともと、フローリングはヨーロッパに輸出された広葉樹の材料を処理するために製造が開始されたといわれています。

 

フローリング床材に関連する記事

 

フローリングのタイプ

フローリングのタイプは、主に、単層フローリングと複合フローリングがあります。

単層フローリングは天然木の無垢のフローリング材、複合フローリングは合板に薄くスライスした木材を貼り合わせているタイプです。

どちらかというと、複合フローリングのほうが汚れにくく、傷がつきにくいもの・遮音性があるものなど種類が豊富にあります。

 

フローリングのメリット・デメリット

フローリングの主なメリットは、木材が持つ自然な温もりと風合いです。

自然とほっとする落ちついた室内空間を作り出すことができます。

また、温度調整機能・断熱能力・防音性・雑菌能力などフローリングのタイプによっていろんな性能が選ぶことができるのもメリットです。

しかし、色あせ・腐敗・床なりの発生・水に弱いなどのデメリットもあります。

 

フローリングのメリット・デメリットに関連する記事

 

近頃の動向について

近頃は、畳の部屋をフローリングにリフォームしてリビングや部屋を広くするケースが増えてきています。

畳の部屋は、趣味のお茶に使う・応接室として役立てるなどはっきりとした目的がない限り、使用する回数が自然と減るものです。

いつの間にか使用しなくなくなっていたという場合も多いようです。

また、どうしても畳の部屋がほしいとき、ひとつのアイデアとして、フローリングの上に敷くことができる「フローリング用薄畳」を利用する方も多いようです。

 

畳からフローリングへのリフォームについて

2.畳からフローリングへのリフォームについて

(出典:photo-ac)

畳からフローリングへのリフォームは、なぜ人気があり増加傾向にあるのでしょうか。

人気があり増えている理由やリフォームするメリットなど、リフォーム前に確認しておいてください。

 

人気があり増えている理由

日本従来の文化ということもあり、「畳の部屋はあったほうがいいかな」と施工します。

しかし、結局使っていない、活用できていないという住宅がほとんどです。

上手く活用できていない畳の部屋は、何のメリットもありません。

また、アレルゲンとなるダニが繁殖しやすく、定期的に畳のメンテナンス(交換や表替えし)が必要になってくるため、フローリングにリフォームする方が増加しています。

 

リフォームするメリット

畳からフローリングへリフォームをすると、掃除がやりやすくなります。

畳は水ぶきできませんが、フローリングは大丈夫です。

汚れてもふき清掃がしやすいとお手入れも簡単になります。

また、アレルゲンとなるダニの繁殖も抑制することができ、健康面のメリットも大きいです。

 

主な方法

畳からフローリングへリフォームする方法は、自分でやるDIYとリフォーム業者にお願いするやり方があります。

後ほど詳しく説明するので、ぜひ確認しておいてください。

どのようにリフォームをするのか、目的を明確にしておくと生活スタイルに合ったやり方を選ぶことができます。

 

注意点

マンションなど賃貸の物件の場合、リフォームの注意点を覚えておかなければなりません。

賃貸の物件は、あくまで家主・管理人の所有物です。

そのため、どこまでリフォームをしていいのか基準が定められてています。

特に、フローリングのリフォームで注意しておきたいのが防音の基準です。

和室をフローリングにリフォームする場合、防音基準を満たす床の構造にしなければなりません。

心配な方は、リフォーム業者と管理人で相談をしながらリフォームすることをおすすめします。

契約違反になると、トラブルに発展する危険があるので要注意です。

 

畳からフローリングへのリフォーム~DIYでする場合

  3.畳からフローリングへのリフォーム~DIYでする場合

(出典:photo-ac)

フローリングへのリフォームはDIY で施工することができます。

しかし、前もってメリット・デメリットや注意点を確認しておかなければ失敗するでしょう。

DIYでする時は、リスクがあることを覚悟しておかなければなりません。

 

メリット・デメリット

DIYでリフォームをするメリットは、費用が安価で済むことです。

必要なフローリング材と道具を準備するだけでいいので、リフォーム業者にお願いするよりも安価な費用で済みます。

しかし、手間と工期がかかるのがデメリットです。

特に、DIY初心者は慣れていないので、相当な工期が必要になります。

また、失敗してしまうとやり直しに時間と手間が余計にかかり、無駄な費用を使う破目になることもあるでしょう。

 

注意点

DIYをする時、カビと断熱に注意しなければなりません。

畳は天然の断熱材といわれています。

そのため、断熱材を施す必要はありません。

しかし、フローリングは断熱材を施すことで、冬季は温かく、夏季涼しく感じられます。

断熱材を施さなければ、快適な室内空間に仕上がりません。

また、フローリングには調湿効果がないため、床や絨毯(じゅうたん)の下にカビが生えやすいです。

防カビワックスなど、しっかりとしたカビ対策を施すことが大事です。

 

主なやり方

最初に、目的に合ったフローリング材をホームセンターなどで購入します。

必要な材料と道具を準備した後、畳をすべて取りはずしていきましょう。

そして、先に下地を施し、断熱材を敷きつめてからフローリング材を貼りつけます。

フローリングの貼り方は、隣の列と互い違いに木材を貼りつけることがポイントです。

互い違いに貼りつけることで、強度が弱い箇所と強い箇所が分散できます。

よって、大きな負荷にも耐えられる床になるのです。

フローリング材を貼り終えた後は、ワックスをかけて仕上げてください。

 

DIYのコツ

DIYで畳からフローリングにリフォームする時、手順や工程がわからなくなります。

そのため、リフォームを始める前に予定を立てていきましょう。

特に、初心者はわからなくなりがちなので、丁寧に手順を進めていかなければなりません。

 

DIYにかかる費用

リフォーム業者よりも安価な費用でできるDIYですが、一体どの程度金額がかかるのでしょうか。

大体の金額の目安としては、およそ2万~6万円です。

畳の部屋の大きさや誓うフローリング材の金額によっても違います。

前もってDIYにかかる金額を計算しておくことをおすすめします。

 

畳からフローリングへのリフォーム~リフーム業者にお願いする場合

リフォーム業者にリフォームを依頼する前に、メリット・デメリットや主な方法・金額などを細かく確認しておきましょう。

 

メリット・デメリット

リフォーム業者にお願いするメリットは、手間と工期がかからないことです。

経験豊富で実績のあるリフォーム業者ほど、手際よく丁寧に仕上げます。

そのため、短工期で居心地のいい室内空間に仕上がるのです。

また、DIYでする時の失敗を防止することができます。

一方、デメリットは金額が高くなることです。

材料費のほかに、人件費や経費が追加されることになります。

しかし、リフォーム業者によっては低価格リフォームを提供しているところもあるので、リフォーム業者選択が重要になるでしょう。

 

リフォーム業者に依頼したほうがいい場合

DIYの経験がない方でリフォームをするのが不安な方・完ぺきな空間に仕上げたい方は、リフォーム業者にお願いしてください。

DIYのほうが金額を安価で抑えることができると、無理をしておこなう方がいます。

その結果、出来上がりが悪く、不完全な状態になってしまうと、再び施工しなければなりません。

そのため、リフォーム業者にお願いしたほうが安心できます。

 

主なやり方

最初に、畳をすべて撤去します。

撤去した後、フローリングを張れるかどうか床構造を確認しなければなりません。

床の下地である根太(ねだ)の間隔が広いと、強度に問題が発生してきます。

和室の根太(ねだ)はほとんどが455ミリメートル前後になっているため、感覚を狭くしなければなりません。

根太(ねだ)の工事は、プロに依頼したほうが安心です。

根太(ねだ)を組んだ後、合板を張って高さを調整し、断熱材を施します。

そして、フローリング材を貼りつけるやり方です。

リフォーム業者によって具体的なやり方に相違があります。

依頼する前に、やり方についての説明をしっかり確認することをおすすめします。

 

金額について

畳からフローリングへのリフォームは、およそ10万~15万円程度です。

畳の部屋の大きさやフローリング材のタイプによっても相違があるため、依頼前に見積もりをきちんと確認してお下さい。

疑問点等があれば、その時点ですぐに聞いて確認してください。

 

リフォーム業者の選択の仕方

理想的な仕上がりになるかどうかは、リフォーム業者の選択にかかっています。

満足のいく室内空間にするためにも、リフォーム業者の選択の要点を押さえてください。

 

リフォーム業者の選択のポイント

リフォーム業者を選択する時は、以下のポイントに注目しましょう。

丁寧かつ迅速な対応をしてくれるかどうか

見積もり内容に不備がないかどうか

アフターのサービスがあるかどうか

特に、リフォーム業者のスタッフの対応に注目してください。

依頼者の話をしっかり聞き、ベストプランを提示してくれるリフォーム業者は、安心して任せることができます。

逆に、適当に話を聞くだけのリフォーム業者はおすすめできません。

 

工事の流れ・工期

畳からフローリングにリフォームする工期は、1部屋ならおよそ1日で完了します。

しかし、畳の部屋が広い場合は1日以上かかることもあるでしょう。

工期についても前もって確認しておかなければなりません。

また、工事の流れも覚えておいてください。

大まかな流れは以下のとおりです。

無料見積もりの依頼

現地調査・工事内容の確認・契約

畳の撤去

下地構造の工事・断熱材の導入

フローリング材の導入

仕上げ・工事完了

 

アフターメンテナンスの必要性

リフォーム後、床材がすぐにへこんだ・床鳴りするようになったなど色々なトラブルが発生しています。

施工後のトラブルを防止するためにも、アフターメンテナンスをおこなっているリフォーム業者にお願いしてください。

 

注意点

悪徳業者とのトラブルが増加しています。

リフォーム後に追加料金を請求された、すぐにフローリング材がダメになったなど色々です。

特に、金銭トラブルが増加しています。

そのため、複数のリフォーム業者に見積もりをお願いしてください。

複数の見積もりを比較することで、どこが適切な金額になっているのかわかります。

サービス内容やスタッフの対応なども確認しながら、悪徳業者を見極めましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?

最近、畳からフローリングに変えるリフォームが増加しています。

畳の部屋をつくったけれど、上手く活用できていない方は、思いきってフローリングに変えてみるといいでしょう。

フローリングにリフォームすることで、広々とした室内空間が生まれます。

ただし、理想的な室内空間に仕上げるためには知識を習得しておかなければなりません。

 

DIYする時とリフォーム業者にお願いする場合、それぞれのメリット・デメリットを考慮した上で、自分に合ったやり方を選んでください。

知識を習得し、どのようにリフォームをするのか目的を明確にしておくといいですよ。

最後におすすめ商品紹介

新素材・新工法の重ね張りフローリングはナオス・テック株式会社のナオスフローリング

カシピカカシピカ

こんなお悩みございませんか?


チェックボックス 傷だらけの床を新調したい

チェックボックス コストを抑えてフローリングを新調したい

チェックボックス 和室を洋室にしたい

チェックボックス 建具・インテリアに合う色のフローリングにしたい

チェックボックス 住みながらフローリングを新調したい

チェックボックス フロアタイルなど樹脂材ではなく、木質系のフローリングでこだわりたい

チェックボックス 床暖房だけどフローリングを新調したい

 

  ナオスフローリングならすべて実現可能です!

ナオスフローリングが選ばれる3つの理由

理由1

張り替え工事の約1/3ほどの低価格

既存床の上から張るので廃材が少なく、張り替えだ と数日かかる工事が短期間で完了するため、作業時間が減りコストカットにつながります。

張り替え工事の約1/3ほどの低価格

理由2

短工期&対応の良さ

短工期&対応の良さ

短工期&対応の良さ

理由3

有害物質の放散リスクを抑え安心・安全

従来の床を張替え工事は実は、今まで隠れていた有害な化学物質が放散されるのです。その結果、深刻な室内空気汚染が引き起こされるため、健康障害まで発展する恐れがあります。
本来ならば空気室検査を行って、現状を確認しなければいけないという大掛かりな工事まで発展する可能性がありますが、ナオスフローリングは既存の床を壊さずに、「上から貼るフローリング」なので、健康面も安心してフローリングを新調できます。

有害物質の放散リスクを抑え安心・安全


下地を選ばないのであらゆる既存床に施工可能

あらゆる既存床に対応可能


 
施工の流れ


  ナオスフローリングについてのお問い合わせはお電話またはメールフォームからお気軽にご連絡ください

botan


私は山形県でフローリングリフォーム業を営んでおります。
山形県でフローリング上張りを専門で工事しており、ナオスフローリングという商品を扱っております。

3mm厚の薄型フローリング上張りです。 (早い!高品位!安い!エコロジー!)

3mm厚のフローリングなので上張り工法のデメリットである、段差をほぼ解消でき、また、ほとんどの床に施工が可能となっております。

クッションフロアやP タイルやフロアタイルなどで、いかにもフローリングと見せかけても、やはり質感はあくまでも「木質系」にはかないません。

ナオスフローリングの上張り工法であれば、張替えより安価に満足感の高い、高級フローリング床を手にいれられます。

フローリング上張り専用フローリング材は他メーカーでも販売されておりますが、ナオスフローリングは他ではマネの出来ない差別化できる商品となっております。

ナオスフローリングの特徴

ナオスフローリングだと剥がさず上から張るだけで新品フローリングに!

これまでフローリングの張替えは既存のフローリングを剥がして、新たなフローリングを張るという方法でした。

そのため、剥がしたフローリングの廃棄処分費用や剥がすための手間がかかり費用もかさみました。

また、マンションのフローリングにほとんど使われているLL45といわれる遮音フローリングは柔らかいことから上張りが困難なため、通常フロアタイルと呼ばれる硬質塩ビタイルなどを張っていました。

フロアタイルは木質系の柄も沢山あるので、見た目の違和感もほとんどありませんが、床暖房の床に張れない、浮きや隙間が生じやすい等の問題がありました。

これらの問題を

【ナオスフローリングシステム】

は解決いたします!!



   

🔹ナオス・テック株式会社による認定技術者の責任施工で任せて安心です。

一般販売すれば売れる商品と解りつつも、単に売って利益をだす「売りっぱなし」自社思考ではなく、最後まで工事が必要とお客様思考ですので、しっかりと技術指導を受けた加盟店にしか販売施工出来ないシステムをとっております。

🔹大手建材メーカー『DAIKEN』との共同開発3 ㎜厚フローリング

3㎜厚なのでドアや建具などへ干渉するなどの影響が少ないです。

有害物質やシックハウスも安心の『F☆☆☆☆』獲得。

🔹今まで出来なかった… 『LL-45 等級』への上張り施工が可能!

直張り(遮音性)フローリング(※)に上張り施工が可能!!
産業共同での試験や、採用先での試験を通じ、「遮音性を劣化させない」「(指定工法で)畳同等の遮音性を確保できる」と確認できています。

既存の床の上に張るフローリング材は他にも流通し施工されていますが、防音の床の上に施工できるフローリング上張り材は弊社が扱うナオスフローリングだけです。

※敷設対象はLL45(ΔLL(Ⅰ)-4)等級まで

クッションフロア・長尺シート等にもそのまま上張りが可能です。

🔹新開発変成シリコンボンドで『床暖房』に上張りOK!

冷熱サイクル試験を通じて、熱による接着力の劣化がないこと、また、実生活環境化で敷設前後の床暖房の温度上昇定点試験を介して、温度上昇を大きく妨げないことは確認できています。

🔹施工が早い 『工期短縮』『低価格』(通常1~3 日/ コスト3~4 割減)

既存床の上から張るので一般的な住宅なら、1~3日で新品のフローリング床に生まれ変わります。

工事騒音が少なく、クレームが出にくいです。

施工研修を修了した専任加盟店が施工にあたるため、施工品質が安定している点も評価されています。

🔹傷んだ床だけでなく、模様替えとしても楽しめます。

日焼け、傷、はがれなど見た目が悪くなってしまった床はもちろんのこと、床色を一新したいときにもおすすめです。

最近では和室から洋室への変更を希望される方も多く、畳からフローリングへ施工も可能です。

🔹設置後の部分メンテナンスが可能!

ナオスフローリングは1枚単位で張替えができます。

🔹ペット・介護リフォーム対応の防滑シリーズもあります。

ナオスフローリングには、表面に滑りにくい処置が施された防滑仕様もあります。

すべての種にとって滑りにくいことを保証するものではございませんが、多くのペットオーナー様宅に施工しご評価いただいています。

🔹生産過程でUV 塗装されているからお手入れ簡単です!!(ワックス不要)

生産過程で表面にUV塗装が為されており、ワックス不要の表面仕様となっています。

定期的にワックスを塗る必要がなく、水拭きもできるメンテナンス性も評価されています。

大手ハウスメーカーのリフォーム・リノベーションのパッケージとして採用

「張替えに比べ、工期もコストも抑えられる」「施工性・意匠性が他社上張り材より優れている」 「やり直しが利くから、施工不良リスクがなく安心できる」とご評価いただき、着実に採用実績を伸ばしている商品です。

関東、関西では人気の商品となっており、まだまだ山形県では認知度が低く、フローリングでお困りの方に貢献し喜んで頂きたいと考えております。

高品質が認められ公団・公社、その他大手企業様に採用

施工事例


 

施工動画紹介


パンフレットです。こちらをタップ
キャンペーン開催中!!施工料金は今すぐこちらをタップ!!
ナオスフローリングについてのお問い合わせについてはお電話またはメールフォームからお気軽にご連絡下さい。
botan

対応エリア

山形県全域対応いたします。
※基本対応範囲は山形県になりますが、埼玉県、東京都、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県においても加盟店のネットワークがあり同じ条件で対応させて頂けますのでお気軽にお問い合わせ下さい。
それ以外の都道府県の方でも対応の不可確認いたしますので一度お問合わせ下さい。

村山地域
山形市 寒河江市 上山市 村山市 天童市 東根市 尾花沢市 山辺町 中山町 河北町 西川町 朝日町 大江町 大石田町

最上地域
新庄市 金山町 最上町 舟形町 真室川町 大蔵村 鮭川村 戸沢村

置賜地域
米沢市 長井市 南陽市 高畠町 川西町 小国町 白鷹町 飯豊町

庄内地域
鶴岡市 酒田市 三川町 庄内町 遊佐町

■五十音別

【あ】
  • 朝日町 (あさひ)
  • 飯豊町 (いいで)
  • 大石田町 (おおいしだ)
  • 大江町 (おおえ)
  • 大蔵村 (おおくら)
  • 小国町 (おぐに)
  • 尾花沢市 (おばなざわ)
【か】
  • 金山町 (かねやま)
  • 上山市 (かみのやま)
  • 河北町 (かほく)
  • 川西町 (かわにし)
【さ】
  • 寒河江市 (さがえ)
  • 酒田市 (さかた)
  • 鮭川村 (さけかわ)
  • 庄内町 (しょうない)
  • 白鷹町 (しらたか)
  • 新庄市 (しんじょう)
【た】
  • 高畠町 (たかはた)
  • 鶴岡市 (つるおか)
  • 天童市 (てんどう)
  • 戸沢村 (とざわ)
【な】
  • 長井市 (ながい)
  • 中山町 (なかやま)
  • 南陽市 (なんよう)
  • 西川町 (にしかわ)
【は】
  • 東根市 (ひがしね)
  • 舟形町 (ふながた)
【ま】
  • 真室川町 (まむろがわ)
  • 三川町 (みかわ)
  • 村山市 (むらやま)
  • 最上町 (もがみ)
【や】
  • 山形市 (やまがた)
  • 山辺町 (やまのべ)
  • 遊佐町 (ゆざ)
  • 米沢市 (よねざわ)