床材の種類と特徴

(出典:photo-ac)

床材の種類と特徴

床材の種類は、使用感や用途によって最適なものを選択する必要があります。

床リフォームの際に同じ床材を新調する場合もありますが、まったく新しいものを取り入れたい時もありますよね。

何を基準に決定したらいいのかわからない、そもそもどんな種類があるのかわからないといった方に、床材の種類別での特徴やメリット、デメリットをご紹介していきます。

床材の種類とメリット・デメリット

床材の種類には以下のものがあります。

  • フローリング
  • クッションフロア
  • カーペット
  • 石材
  • タイル

床に使われる素材には色々な種類があり、特徴が異なります。

以下でそれぞれのメリット・デメリットを紹介するので、床材を選択する際の参考にしてはいかがでしょうか。

フローリング

フローリングの種類

(出典:photo-ac)

フローリングとは、木材を加工したものを用いた床材です。

フローリングの大きなメリットは清掃やメンテナンスが非常に容易という点です。

ただし、ワックスがけをしていないとそのメリットを活かすことができません。

ワックスがけを行うと床材の表面に膜ができ、汚れや傷から床を守ります。

表面がコーティングされることで、ワックスがけをしていない状態のフローリングよりも汚れが落ちやすくなるのです。

ワックスでコーティングしたとはいえ元は木材なので、長時間水分が付着していると腐敗をする恐れがあります。

ワックスは床維持剤とも呼ばれ、現在はアクリル樹脂を主成分としたものが主流で製造されています。

市販で豊富な種類が販売されており、非常に身近なフローリングのメンテナンス方法といえます。

現在市販で販売されているワックスは、誰でも簡単に塗られるように製造されていますが、下記の正しい手順を踏まえておくと仕上がりはきれいになります。

<フローリングワックスを塗る手順>

  1. フローリング上の埃やチリを除去する
  2. 濡れた雑巾で全体を拭き取る
  3. フローリングを乾燥させる
  4. 部屋の奥から入口に向かってワックスを塗る
  5. 夏は20分程度、冬は30分程度乾燥させる

フローリングのデメリットとしては、防音性にやや欠け、足が冷えやすいところです。

防音性に特化した木材フローリングもありますが、床に物を落とす音や、犬や猫が走り回る音は下階に響く可能性があります。

マンションの住民トラブルで、もっとも多いのは騒音トラブルです。

衝撃吸収マットが販売されており、使用すれば音も軽減され、冷えも少しは解消されます。

床リフォームなどの際は、防音性の高いフローリングを検討すると良いでしょう。

クッションフロア

クッションフロア

クッションフロアは、一見木目調でフローリングに見えますが、材質はビニールでできています。
フローリングよりも安価で汚れや傷もつきにくく、水をこぼしても簡単に拭き取れます。

掃除も非常にしやすいのが大きなメリットです。

触ると柔らかく衝撃を吸収することができるので、物を落とす音や足音が下階に響きにくくなります。

年寄りの方や小さなお子様が転倒しても、怪我をしにくくなります。

デメリットは、家具を置いたときに凹みができてしまうことです。

賃貸住宅では、家具によるクッションフロアの凹みは経年劣化によるものとされるので、本来なら退居時に補修の請求をされることはありません。

しかしマンションの管理組合によっては請求の対象にされるケースもあるので、契約書を確認してみましょう。

材質がビニールであることから水分には強いですが、熱には弱い点が挙げられます。

熱湯をこぼしてしまうと、その部分が白く変色することがあります。

すぐに拭き取れば問題ないですが、どうしても落ちない場合は専門業者に相談した方が良いでしょう。

カーペット

カーペット

(出典:photo-ac)

カーペットの大きな特徴は高級感あふれる美観で、バブル全盛期には多くの住宅に広く普及していたことです。

しかし現在では清掃が大変、水に弱い、ダニの温床という点からあまり好まれない傾向にあります。

カーペットは繊維質であることから、ダニが付着・繁殖しやすいデメリットが挙げられます。

水分をこぼすと乾くまでに時間がかかり、その間に湿気がたまるのでダニの温床となりやすいのです。

もちろん水拭きでの掃除には適していません。

カーペットはフローリングと比較してしまうと、多くのデメリットが目立ちます。

ダニの温床とは言われていますが、フローリングでもダニの繁殖がないわけではありません。

チリやホコリの中には多くののダニの死骸や糞があるといわれており、居住者が歩けば空中に舞ってしまいます。

舞ったホコリは口や鼻に入りやすく、知らぬ間に吸い込んでいる可能性が十分考えられるのです。

カーペットは繊維質によってチリやホコリをキャッチしているので、フローリングよりもチリやホコリが空中に舞いにくいのがメリットです。

さらに表面の手触りも優しく、物を落としたり人が転倒しても衝撃を吸収し冬でも冷えにくいのです。

石材

石材

(出典:photo-ac)

石材には大理石や御影石などがあります。

玄関の床や風呂場、台所、洗面台などの水回りに使われているのが主流です。

歴史的建造物や彫刻品は天然の大理石で作られていることが多く、見た目の高級感が大きなメリットです。

デメリットは水を吸いやすい特徴を持っており、防水加工をしていても水と一緒に汚れも吸着してしまうことです。

一度吸着した汚れを落とすことは困難なので注意が必要です。

表面が硬く、素足だと冷たく感じることもデメリットと言えます。

費用も非常に高価ですので、見た目にこだわりたい方向けといえます。

大理石には天然石と人工大理石があります。

人工大理石は天然石よりも安価で色合いやデザインを幅広く実現できます。

あくまで人工物なので、天然のものと比較してしまうと見た目の高級感や光沢感は薄れます。

人工大理石は素材がアクリル樹脂であるため熱に弱くなっています。

熱いものは直接置くことを避けましょう。

大理石の他に、御影石もあります。

御影石は日本でも採掘することができる高級感ある天然石です。

雨風や水に強いため、雨風にさらされやすい外壁や墓石に広く使われてきました。

水に強いメリットにより、大理石と並んでキッチンまわりや玄関の床に使用されることが多いです。

非常に硬いので、硬いものを落とすとひび割れが起こる可能性が高いのがデメリットです。

タイル

タイル

(出典:photo-ac)

タイルは1枚1枚を並列して並べて設置していきます。

石材と比較すると安価で、タイルの並べ方を自由にするとオリジナルのデザインを手軽に生み出せるのが大きなメリットです。

また清掃やお手入れが容易ですので、玄関の床やキッチンの床に多く使われています。

タイルは大きなデメリットはないといわれることが多いです。

強いて挙げるのであれば、並列して設置したタイルとタイルの間に汚れが溜まりやすいことです。

よっぽど放置しておかない限りは、簡単な清掃ですぐきれいにできます。

フローリングや石材にもいえることですが、表面が硬いものは歩く時の足への負担が大きくなります。

足が冷えやすいこともあり、スリッパやマットを併用して使うことで解消すると良いでしょう。

  まずは、1番使用されていると思われる畳

(出典:photo-ac)

畳は昔から日本和室に使用される藺草を加工した床です。

畳の大きなメリットは和の趣きを感じられることと、素材の柔らかさです。

藺草には吸湿性があり、部屋の湿度を適切に保つ自然の加湿作用もあります。

デメリットはメンテナンスの手間が大きいことです。

畳の交換は専門業者へ定期的に依頼する必要があり、費用も高くかかります。

床での生活に慣れていたり、そのまま畳に寝転がることを好まれる方には最適です。

しかし超高齢化社会と呼ばれる日本では、介護の問題もありバリアフリーには不向きとされています。

和室を洋室へリフォームする家庭も増えてきているのが現状です。

床リフォームのオプション

床の種類によって、それぞれにメリットとデメリットがあります。

清掃やお手入れが簡単なフローリングや石材、タイルなどのデメリットに共通するのが「冷える」という点です。

この冷えるデメリットに焦点を当てたオプションが「床暖房」です。

床暖房には電気の力で温める「ヒーター式」と、お湯を巡らせて温める「温水式」があります。

ヒーター式は温まるまで時間がかかり、部屋の位置によって温まりにムラがみられます。

温水式だと、お湯を巡らせることで部屋全体が均一に温まりやすくなります。

費用で比較すると、温水式は給湯器の設置工事が必要になるので初期費用が高くかかります。

しかし10年以上の長期間でランニングコストを考慮すると、最終的には温水式の方が安くなります。

長期的な使用を検討される場合は温水式をお勧めします。

床の種類によっては、床暖房を設置できないこともあります。

フローリングの一種である「複合フローリング」は熱に弱い特徴があり、床暖房を設置すると板の劣化につながります。

クッションフロア、石材、タイルなども同様に、床暖房に対応している床材を選ぶ必要があります。

まとめ:快適なライフスタイルに合う床を選びましょう

床材によって特徴、メリットやデメリットは大きく変化します。

快適な生活を送るためには、常に足元にある床材選びは重要です。

どの床材が良いとは一概にいえず、ご自身のライフスタイルにあった床材を選択していきましょう。

最後におすすめ商品紹介

新素材・新工法の重ね張りフローリングはナオス・テック株式会社のナオスフローリング

カシピカカシピカ

こんなお悩みございませんか?


チェックボックス 傷だらけの床を新調したい

チェックボックス コストを抑えてフローリングを新調したい

チェックボックス 和室を洋室にしたい

チェックボックス 建具・インテリアに合う色のフローリングにしたい

チェックボックス 住みながらフローリングを新調したい

チェックボックス フロアタイルなど樹脂材ではなく、木質系のフローリングでこだわりたい

チェックボックス 床暖房だけどフローリングを新調したい

 

  ナオスフローリングならすべて実現可能です!

ナオスフローリングが選ばれる3つの理由

理由1

張り替え工事の約1/3ほどの低価格

既存床の上から張るので廃材が少なく、張り替えだ と数日かかる工事が短期間で完了するため、作業時間が減りコストカットにつながります。

張り替え工事の約1/3ほどの低価格

理由2

短工期&対応の良さ

短工期&対応の良さ

短工期&対応の良さ

理由3

有害物質の放散リスクを抑え安心・安全

従来の床を張替え工事は実は、今まで隠れていた有害な化学物質が放散されるのです。その結果、深刻な室内空気汚染が引き起こされるため、健康障害まで発展する恐れがあります。
本来ならば空気室検査を行って、現状を確認しなければいけないという大掛かりな工事まで発展する可能性がありますが、ナオスフローリングは既存の床を壊さずに、「上から貼るフローリング」なので、健康面も安心してフローリングを新調できます。

有害物質の放散リスクを抑え安心・安全


下地を選ばないのであらゆる既存床に施工可能

あらゆる既存床に対応可能


 
施工の流れ


  ナオスフローリングについてのお問い合わせはお電話またはメールフォームからお気軽にご連絡ください

botan


私は山形県でフローリングリフォーム業を営んでおります。
山形県でフローリング上張りを専門で工事しており、ナオスフローリングという商品を扱っております。

3mm厚の薄型フローリング上張りです。 (早い!高品位!安い!エコロジー!)

3mm厚のフローリングなので上張り工法のデメリットである、段差をほぼ解消でき、また、ほとんどの床に施工が可能となっております。

クッションフロアやP タイルやフロアタイルなどで、いかにもフローリングと見せかけても、やはり質感はあくまでも「木質系」にはかないません。

ナオスフローリングの上張り工法であれば、張替えより安価に満足感の高い、高級フローリング床を手にいれられます。

フローリング上張り専用フローリング材は他メーカーでも販売されておりますが、ナオスフローリングは他ではマネの出来ない差別化できる商品となっております。

ナオスフローリングの特徴

ナオスフローリングだと剥がさず上から張るだけで新品フローリングに!

これまでフローリングの張替えは既存のフローリングを剥がして、新たなフローリングを張るという方法でした。

そのため、剥がしたフローリングの廃棄処分費用や剥がすための手間がかかり費用もかさみました。

また、マンションのフローリングにほとんど使われているLL45といわれる遮音フローリングは柔らかいことから上張りが困難なため、通常フロアタイルと呼ばれる硬質塩ビタイルなどを張っていました。

フロアタイルは木質系の柄も沢山あるので、見た目の違和感もほとんどありませんが、床暖房の床に張れない、浮きや隙間が生じやすい等の問題がありました。

これらの問題を

【ナオスフローリングシステム】

は解決いたします!!



   

🔹ナオス・テック株式会社による認定技術者の責任施工で任せて安心です。

一般販売すれば売れる商品と解りつつも、単に売って利益をだす「売りっぱなし」自社思考ではなく、最後まで工事が必要とお客様思考ですので、しっかりと技術指導を受けた加盟店にしか販売施工出来ないシステムをとっております。

🔹大手建材メーカー『DAIKEN』との共同開発3 ㎜厚フローリング

3㎜厚なのでドアや建具などへ干渉するなどの影響が少ないです。

有害物質やシックハウスも安心の『F☆☆☆☆』獲得。

🔹今まで出来なかった… 『LL-45 等級』への上張り施工が可能!

直張り(遮音性)フローリング(※)に上張り施工が可能!!
産業共同での試験や、採用先での試験を通じ、「遮音性を劣化させない」「(指定工法で)畳同等の遮音性を確保できる」と確認できています。

既存の床の上に張るフローリング材は他にも流通し施工されていますが、防音の床の上に施工できるフローリング上張り材は弊社が扱うナオスフローリングだけです。

※敷設対象はLL45(ΔLL(Ⅰ)-4)等級まで

クッションフロア・長尺シート等にもそのまま上張りが可能です。

🔹新開発変成シリコンボンドで『床暖房』に上張りOK!

冷熱サイクル試験を通じて、熱による接着力の劣化がないこと、また、実生活環境化で敷設前後の床暖房の温度上昇定点試験を介して、温度上昇を大きく妨げないことは確認できています。

🔹施工が早い 『工期短縮』『低価格』(通常1~3 日/ コスト3~4 割減)

既存床の上から張るので一般的な住宅なら、1~3日で新品のフローリング床に生まれ変わります。

工事騒音が少なく、クレームが出にくいです。

施工研修を修了した専任加盟店が施工にあたるため、施工品質が安定している点も評価されています。

🔹傷んだ床だけでなく、模様替えとしても楽しめます。

日焼け、傷、はがれなど見た目が悪くなってしまった床はもちろんのこと、床色を一新したいときにもおすすめです。

最近では和室から洋室への変更を希望される方も多く、畳からフローリングへ施工も可能です。

🔹設置後の部分メンテナンスが可能!

ナオスフローリングは1枚単位で張替えができます。

🔹ペット・介護リフォーム対応の防滑シリーズもあります。

ナオスフローリングには、表面に滑りにくい処置が施された防滑仕様もあります。

すべての種にとって滑りにくいことを保証するものではございませんが、多くのペットオーナー様宅に施工しご評価いただいています。

🔹生産過程でUV 塗装されているからお手入れ簡単です!!(ワックス不要)

生産過程で表面にUV塗装が為されており、ワックス不要の表面仕様となっています。

定期的にワックスを塗る必要がなく、水拭きもできるメンテナンス性も評価されています。

大手ハウスメーカーのリフォーム・リノベーションのパッケージとして採用

「張替えに比べ、工期もコストも抑えられる」「施工性・意匠性が他社上張り材より優れている」 「やり直しが利くから、施工不良リスクがなく安心できる」とご評価いただき、着実に採用実績を伸ばしている商品です。

関東、関西では人気の商品となっており、まだまだ山形県では認知度が低く、フローリングでお困りの方に貢献し喜んで頂きたいと考えております。

高品質が認められ公団・公社、その他大手企業様に採用

施工事例


 

施工動画紹介


パンフレットです。こちらをタップ
キャンペーン開催中!!施工料金は今すぐこちらをタップ!!
ナオスフローリングについてのお問い合わせについてはお電話またはメールフォームからお気軽にご連絡下さい。
botan

対応エリア

山形県全域対応いたします。
※基本対応範囲は山形県になりますが、埼玉県、東京都、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県においても加盟店のネットワークがあり同じ条件で対応させて頂けますのでお気軽にお問い合わせ下さい。
それ以外の都道府県の方でも対応の不可確認いたしますので一度お問合わせ下さい。

村山地域
山形市 寒河江市 上山市 村山市 天童市 東根市 尾花沢市 山辺町 中山町 河北町 西川町 朝日町 大江町 大石田町

最上地域
新庄市 金山町 最上町 舟形町 真室川町 大蔵村 鮭川村 戸沢村

置賜地域
米沢市 長井市 南陽市 高畠町 川西町 小国町 白鷹町 飯豊町

庄内地域
鶴岡市 酒田市 三川町 庄内町 遊佐町

■五十音別

【あ】
  • 朝日町 (あさひ)
  • 飯豊町 (いいで)
  • 大石田町 (おおいしだ)
  • 大江町 (おおえ)
  • 大蔵村 (おおくら)
  • 小国町 (おぐに)
  • 尾花沢市 (おばなざわ)
【か】
  • 金山町 (かねやま)
  • 上山市 (かみのやま)
  • 河北町 (かほく)
  • 川西町 (かわにし)
【さ】
  • 寒河江市 (さがえ)
  • 酒田市 (さかた)
  • 鮭川村 (さけかわ)
  • 庄内町 (しょうない)
  • 白鷹町 (しらたか)
  • 新庄市 (しんじょう)
【た】
  • 高畠町 (たかはた)
  • 鶴岡市 (つるおか)
  • 天童市 (てんどう)
  • 戸沢村 (とざわ)
【な】
  • 長井市 (ながい)
  • 中山町 (なかやま)
  • 南陽市 (なんよう)
  • 西川町 (にしかわ)
【は】
  • 東根市 (ひがしね)
  • 舟形町 (ふながた)
【ま】
  • 真室川町 (まむろがわ)
  • 三川町 (みかわ)
  • 村山市 (むらやま)
  • 最上町 (もがみ)
【や】
  • 山形市 (やまがた)
  • 山辺町 (やまのべ)
  • 遊佐町 (ゆざ)
  • 米沢市 (よねざわ)