【必見】場所別おすすめ床材の選択方法!

(出典:photo-ac)

【必見】場所別おすすめ床材の選択方法!

床材は、室内の雰囲気を左右し、肌に直接触れることの多い箇所なので、感触やデザインが大切です。

また、場所によってふさわしい材質があるので、それぞれどんな床材を選択すればいいかをご紹介します。

 

床材の種類

床材の主な種類は5種類。

フローリング、タイル、カーペット、クッションフロア、畳があります。

 

フローリング

フローリングは清掃がしやすく、デザインも沢山あるので様々な所に合わせやすく、人気があります。

無垢のフローリング材と複合フローリングがあり、複合は値段が安価で、種類が豊富なのが魅力です。

ただ、無垢のフローリング材と違って傷の補修などが困難です。

一方で無垢のフローリング材は木の収縮があるため、木材の間に隙間が開くリスクがあるのが難点です。

6帖の広さの床をフローリングにリフォームする時の費用相場は、10万円前後です。

 

タイル

タイルは、メンテナンスも不要の丈夫な材質です。

カラー・柄などのデザインも沢山あるので、好みのものが見つけやすいです。

ただし、硬くて冷たいので、落ち着いて過ごしたい場所などにはあまり向かない床材です。

足音が立ちやすいので、夜遅くに帰る時などは玄関などで使う場合はよく考えてからにしましょう。

6帖の広さの床をタイルにリフォームした場合、施工にかかる費用相場は5万円前後です。

 

カーペット

カーペットは遮音性に優れているので、マンションリフォームなど上下階への配慮が必要な場合に多く使用されます。

柔らかくて素足でくつろげることや、保温性が優れているのも魅力ですが、何かをこぼした時など清掃が少し大変なのが難点です。

6帖の広さの床をカーペットに張り替えた場合、リフォーム費用相場は5万円前後かかります。

 

クッションフロア

クッションフロアは、床材の中では費用が安価な方です。

耐水性と防水性が高いのが特徴で、汚れを拭き取ることができるので、汚れやすい場所に適しています。

張り替えのタイミングは一般的に8〜10年です。

6帖の広さの床をクッションフロアに張り替えた場合の施工費用は、4万円前後が相場です。

 

畳は、昔からある日本伝統の床材です。

昔ながらのワラ畳ももちろんありますが、近頃一般的なのは「建材畳」といわれる畳床に断熱材を使用したものです。

ワラ畳と比較すると安いですが、調湿機能ができないのが残念です。

 

和室をもつ住宅が少なくなってきていますが、なんといっても素足でくつろいで気持ちがいいのは畳です。

琉球畳など、スタイリッシュなデザインの畳も多くなっているので、ぜひ和室を導入してみてはいかがでしょうか?

6帖分の畳を新調する時のリフォーム費用相場は、8万円前後と考えておきましょう。

 

床材に関連する記事

 

場所別おすすめ床材

では、それぞれお部屋の中の場所別にどんな床材を選択すればいいのでしょうか?

 

リビングに向く床材

リビングに向く床材

(出典:photo-ac)

リビングは家族みんながくつろいだり、お客様を迎える所ですから、ゆっくりくつろげる床材がおすすめです。

デザイン性の豊富さや、快適さから、カーペットやフローリングがおすすめです。

白い色の床なら広く見える効果がありますが、フローリングでも桜や樺などの無垢フローリング材のものが白っぽいデザインなので人気です。

 

ただしフローリングを選択する時には、硬い材質は足が疲れてしまうので避けましょう。

無垢のフローリング材ではカリン、イペはかなり硬いです。

素足で気持ち良いフローリング材はウォールナットが代表的な素材です。

 

寝室に向く床材

寝室に向く床材

(出典:photo-ac)

リラックスしてゆっくりと身体を休める室内空間なので、落ち着いた色で快適に過ごせるものを選択しましょう。

一般的にフローリングを選択することがほとんどですが、音を消してくれるカーペットや畳もおすすめです。

 

書斎に向く床材

書斎に向く床材

(出典:photo-ac)

書斎は集中できる材質を選択しましょう。

長い間密閉された室内空間で過ごすことが想像されるので、調湿性があって爽やかな空気を保てるものを選択するのもいいと思います。

 

デザインは、たいてい落ち着いた色のフローリングなどを選択することが多いですが、自分が一番集中していられる色を選択してください。

 

玄関に向く床材

玄関に向く床材

(出典:photo-ac)

玄関は、機能性に加えて、家の顔となる所なのでデザイン性も重要視しましょう。

玄関から上がったところは広がりの感じられるフローリングなどがおすすめです。

土間部分は土足で歩行するので、摩耗が少ない石やタイルが理想的な素材です。

 

軟らかいものは傷がつきやすいので、少し硬めで滑りにくいものを選択すると安心できます。

しかし、足音が響きやすいことが気になるようでしたら、クッションフロアや「玄関シート」という商品を貼ることで音を吸収してくれます。

 

トイレと洗面室に向く床材

トイレと洗面室に向く床材

(出典:photo-ac)

水回りには、耐水性が高い床材を選択しましょう。

また、家の中でも特に素足で歩行することの多い所なので、タイルなどの冷たい床材は避けましょう。

フローリングやクッションフロアにするのが無難です。

 

フローリングにする場合、無垢のフローリング材だと水アカ汚れなどが原因で黒いシミが出来る場合があるので、注意してください。

オイル塗装でコーティング、トイレマットをマメに交換する等の対策を講じると、フローリングは長持ちします。

ただ、トイレや洗面室は、住宅の中では狭い場所なので、諦めている高価な床材を試してみるのもひとつの方法です。

 

腐りにくく丈夫で、調湿機能や消臭機能がついた床材もあります。

臭いや湿気がこもりやすい場所でもあるので、ちょっと贅沢な高機能の床材にしてみるのも良い案ですよ。

 

子ども部屋に向く床材

子ども部屋に向く床材

(出典:photo-ac)

子ども部屋は、落書きや泥汚れなど汚れが避けられない箇所です。

将来的には張り替えるものと割り切って、クッションフロアなど、張り替えやすい床材を選択するのもいいかもしれません。

物を落下したりすることも考えられるので、傷つきにくい材質を選択してください。

何かこぼしたり、落書きしてしまうこともありますので、清掃しにくいカーペットは避けておきましょう。

 

台所に向く床材

台所に向く床材

(出典:photo-ac)

台所は油や調味料、水が飛び散る場所なので、耐水性と清掃性が高いものを選択しましょう。

衛生的に綺麗に保ちたい場所ですので、清掃のしやすさが最も重要ポイントです。

フローリングやクッションフロア、タイルなら日々のメンテナンスが容易です。

 

ただし、食器など割れ物を扱う場所でもあるので、硬い床材を選択するときにはキッチンマットを敷くようにしましょう。

また、油汚れで滑りやすくなってしまうので、表面がツルツルとした材質のものは避けるようにしてください。

 

床のリフォームの方法

床のリフォームの方法には、大きく分類すると「重ね張り(レイヤー工法)」と、「張り替え」の2つの種類があります。

どちらの工法が適しているかは、床の下地の状態や、どんな床材からどの床材へリフォームするかによって変わります。

 

重ね張り(レイヤー工法)

フローリングからフローリングへリフォームする場合には、「重ね張り(レイヤー工法)」なら安価な料金で施工ができます。

床の下地の状況が良好であれば、重ね張り工法がおすすめです。

工期も短くて済み、作業中の騒音もほとんどないため、集合住宅などの床リフォームにも最適です。

 

ただし、重ね張りした新しいフローリングの分の厚みが当然加わって段差ができてしまうので、リフォーム場所によってはつまづきやすくなったり、ドアや家具の開閉時に引っかかってしまう可能性があるので注意が必要です。

ただ最近は、重ね張り専用の厚さの薄い床材も販売されておりますし、段差等も見切り材等を用いて解消できるようです。

リフォーム業者に相談してみると良いですね。

 

重ね張りに関連する記事

 

張り替え

床の土台や下地材も修繕が必要なときには、重ね張りはできないので「張り替え」工事を行います。

例えば、湿気などが原因で、床が浮いていたり、きしんでいたりするときは、土台や下地からリフォームし直す場合がほとんどです。

 

また、和室から洋室へのリフォームを行う時には、畳を一度はがす必要がありますよね。

このような際には、既存の床材だけを剥がして、下地の上に床材を貼り直すというやり方を取ります。

カーペット、クッションフロアを交換する場合も、基本的には張り替えの施工になります。

 

手間がかかるため、施工費用や工期はかかってしまいますが、床下が腐食していないか確認できたり、床の高さを維持できたりというメリットがあります。

いかがだったでしょうか?床材はそれぞれ特徴や価格に相違があります。

お部屋に合わせて種類やデザインを変えて、過ごしやすい室内空間にしましょう。

 

最後におすすめ商品紹介

新素材・新工法の重ね張りフローリングはナオス・テック株式会社のナオスフローリング

カシピカカシピカ

こんなお悩みございませんか?


チェックボックス 傷だらけの床を新調したい

チェックボックス コストを抑えてフローリングを新調したい

チェックボックス 和室を洋室にしたい

チェックボックス 建具・インテリアに合う色のフローリングにしたい

チェックボックス 住みながらフローリングを新調したい

チェックボックス フロアタイルなど樹脂材ではなく、木質系のフローリングでこだわりたい

チェックボックス 床暖房だけどフローリングを新調したい

 

  ナオスフローリングならすべて実現可能です!

ナオスフローリングが選ばれる3つの理由

理由1

張り替え工事の約1/3ほどの低価格

既存床の上から張るので廃材が少なく、張り替えだ と数日かかる工事が短期間で完了するため、作業時間が減りコストカットにつながります。

張り替え工事の約1/3ほどの低価格

理由2

短工期&対応の良さ

短工期&対応の良さ

短工期&対応の良さ

理由3

有害物質の放散リスクを抑え安心・安全

従来の床を張替え工事は実は、今まで隠れていた有害な化学物質が放散されるのです。その結果、深刻な室内空気汚染が引き起こされるため、健康障害まで発展する恐れがあります。
本来ならば空気室検査を行って、現状を確認しなければいけないという大掛かりな工事まで発展する可能性がありますが、ナオスフローリングは既存の床を壊さずに、「上から貼るフローリング」なので、健康面も安心してフローリングを新調できます。

有害物質の放散リスクを抑え安心・安全


下地を選ばないのであらゆる既存床に施工可能

あらゆる既存床に対応可能


 
施工の流れ


  ナオスフローリングについてのお問い合わせはお電話またはメールフォームからお気軽にご連絡ください

botan


私は山形県でフローリングリフォーム業を営んでおります。
山形県でフローリング上張りを専門で工事しており、ナオスフローリングという商品を扱っております。

3mm厚の薄型フローリング上張りです。 (早い!高品位!安い!エコロジー!)

3mm厚のフローリングなので上張り工法のデメリットである、段差をほぼ解消でき、また、ほとんどの床に施工が可能となっております。

クッションフロアやP タイルやフロアタイルなどで、いかにもフローリングと見せかけても、やはり質感はあくまでも「木質系」にはかないません。

ナオスフローリングの上張り工法であれば、張替えより安価に満足感の高い、高級フローリング床を手にいれられます。

フローリング上張り専用フローリング材は他メーカーでも販売されておりますが、ナオスフローリングは他ではマネの出来ない差別化できる商品となっております。

ナオスフローリングの特徴

ナオスフローリングだと剥がさず上から張るだけで新品フローリングに!

これまでフローリングの張替えは既存のフローリングを剥がして、新たなフローリングを張るという方法でした。

そのため、剥がしたフローリングの廃棄処分費用や剥がすための手間がかかり費用もかさみました。

また、マンションのフローリングにほとんど使われているLL45といわれる遮音フローリングは柔らかいことから上張りが困難なため、通常フロアタイルと呼ばれる硬質塩ビタイルなどを張っていました。

フロアタイルは木質系の柄も沢山あるので、見た目の違和感もほとんどありませんが、床暖房の床に張れない、浮きや隙間が生じやすい等の問題がありました。

これらの問題を

【ナオスフローリングシステム】

は解決いたします!!



   

🔹ナオス・テック株式会社による認定技術者の責任施工で任せて安心です。

一般販売すれば売れる商品と解りつつも、単に売って利益をだす「売りっぱなし」自社思考ではなく、最後まで工事が必要とお客様思考ですので、しっかりと技術指導を受けた加盟店にしか販売施工出来ないシステムをとっております。

🔹大手建材メーカー『DAIKEN』との共同開発3 ㎜厚フローリング

3㎜厚なのでドアや建具などへ干渉するなどの影響が少ないです。

有害物質やシックハウスも安心の『F☆☆☆☆』獲得。

🔹今まで出来なかった… 『LL-45 等級』への上張り施工が可能!

直張り(遮音性)フローリング(※)に上張り施工が可能!!
産業共同での試験や、採用先での試験を通じ、「遮音性を劣化させない」「(指定工法で)畳同等の遮音性を確保できる」と確認できています。

既存の床の上に張るフローリング材は他にも流通し施工されていますが、防音の床の上に施工できるフローリング上張り材は弊社が扱うナオスフローリングだけです。

※敷設対象はLL45(ΔLL(Ⅰ)-4)等級まで

クッションフロア・長尺シート等にもそのまま上張りが可能です。

🔹新開発変成シリコンボンドで『床暖房』に上張りOK!

冷熱サイクル試験を通じて、熱による接着力の劣化がないこと、また、実生活環境化で敷設前後の床暖房の温度上昇定点試験を介して、温度上昇を大きく妨げないことは確認できています。

🔹施工が早い 『工期短縮』『低価格』(通常1~3 日/ コスト3~4 割減)

既存床の上から張るので一般的な住宅なら、1~3日で新品のフローリング床に生まれ変わります。

工事騒音が少なく、クレームが出にくいです。

施工研修を修了した専任加盟店が施工にあたるため、施工品質が安定している点も評価されています。

🔹傷んだ床だけでなく、模様替えとしても楽しめます。

日焼け、傷、はがれなど見た目が悪くなってしまった床はもちろんのこと、床色を一新したいときにもおすすめです。

最近では和室から洋室への変更を希望される方も多く、畳からフローリングへ施工も可能です。

🔹設置後の部分メンテナンスが可能!

ナオスフローリングは1枚単位で張替えができます。

🔹ペット・介護リフォーム対応の防滑シリーズもあります。

ナオスフローリングには、表面に滑りにくい処置が施された防滑仕様もあります。

すべての種にとって滑りにくいことを保証するものではございませんが、多くのペットオーナー様宅に施工しご評価いただいています。

🔹生産過程でUV 塗装されているからお手入れ簡単です!!(ワックス不要)

生産過程で表面にUV塗装が為されており、ワックス不要の表面仕様となっています。

定期的にワックスを塗る必要がなく、水拭きもできるメンテナンス性も評価されています。

大手ハウスメーカーのリフォーム・リノベーションのパッケージとして採用

「張替えに比べ、工期もコストも抑えられる」「施工性・意匠性が他社上張り材より優れている」 「やり直しが利くから、施工不良リスクがなく安心できる」とご評価いただき、着実に採用実績を伸ばしている商品です。

関東、関西では人気の商品となっており、まだまだ山形県では認知度が低く、フローリングでお困りの方に貢献し喜んで頂きたいと考えております。

高品質が認められ公団・公社、その他大手企業様に採用

施工事例


 

施工動画紹介


パンフレットです。こちらをタップ
キャンペーン開催中!!施工料金は今すぐこちらをタップ!!
ナオスフローリングについてのお問い合わせについてはお電話またはメールフォームからお気軽にご連絡下さい。
botan

対応エリア

山形県全域対応いたします。
※基本対応範囲は山形県になりますが、埼玉県、東京都、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県においても加盟店のネットワークがあり同じ条件で対応させて頂けますのでお気軽にお問い合わせ下さい。
それ以外の都道府県の方でも対応の不可確認いたしますので一度お問合わせ下さい。

村山地域
山形市 寒河江市 上山市 村山市 天童市 東根市 尾花沢市 山辺町 中山町 河北町 西川町 朝日町 大江町 大石田町

最上地域
新庄市 金山町 最上町 舟形町 真室川町 大蔵村 鮭川村 戸沢村

置賜地域
米沢市 長井市 南陽市 高畠町 川西町 小国町 白鷹町 飯豊町

庄内地域
鶴岡市 酒田市 三川町 庄内町 遊佐町

■五十音別

【あ】
  • 朝日町 (あさひ)
  • 飯豊町 (いいで)
  • 大石田町 (おおいしだ)
  • 大江町 (おおえ)
  • 大蔵村 (おおくら)
  • 小国町 (おぐに)
  • 尾花沢市 (おばなざわ)
【か】
  • 金山町 (かねやま)
  • 上山市 (かみのやま)
  • 河北町 (かほく)
  • 川西町 (かわにし)
【さ】
  • 寒河江市 (さがえ)
  • 酒田市 (さかた)
  • 鮭川村 (さけかわ)
  • 庄内町 (しょうない)
  • 白鷹町 (しらたか)
  • 新庄市 (しんじょう)
【た】
  • 高畠町 (たかはた)
  • 鶴岡市 (つるおか)
  • 天童市 (てんどう)
  • 戸沢村 (とざわ)
【な】
  • 長井市 (ながい)
  • 中山町 (なかやま)
  • 南陽市 (なんよう)
  • 西川町 (にしかわ)
【は】
  • 東根市 (ひがしね)
  • 舟形町 (ふながた)
【ま】
  • 真室川町 (まむろがわ)
  • 三川町 (みかわ)
  • 村山市 (むらやま)
  • 最上町 (もがみ)
【や】
  • 山形市 (やまがた)
  • 山辺町 (やまのべ)
  • 遊佐町 (ゆざ)
  • 米沢市 (よねざわ)