フローリングリフォーム張替え時期と簡単リフォーム方法

(出典:photo-ac)

フローリングリフォーム張替え時期と簡単リフォーム方法

長年たった住宅は、よく確認すると色々な所に経年劣化が確認されますが、その中でも劣化が発生しやすい箇所といえばフローリングです。

長い間生活している中での摩耗や水分の吸収、太陽の光をあびることによる日焼けによる色あせによって、フローリングは日々劣化していきます。

 

見た感じ何ともない床でも、よく確認してみると傷や凹み、日焼けによる変色は至る箇所で生じいるはずです。

フローリングに「めくれ」や「ささくれ」があったときは、怪我をしてしまう場合も考えられます。

とはいえ、フローリングリフォームとなると工事期間や料金がどうしてもネックになってしまいます。

 

既存のフローリングを剥がして、新品の床材を張り替えなければならないと思うと、仮の住居を手配しなければならないくらい大掛かりな工事が必要なのではと、現在のままで妥協してしまう方も多いと思います。

しかし現実的には、フローリングのリフォーム施工では、そこまで大掛かりな施工を行うことはほとんどありません。

 

この記事では、フローリングリフォームが必要になる時期や、フローリングリフォームを行うための2つの方法について紹介していきます。

 

フローリングリフォームが必要となる時期

  • めくれや剥がれ等の大きな傷や凹みが数多くある
  • ギシギシときしみ音がなる場所が数多くある
  • 日焼けによる色あせが随所によく目立つ

長い間、住んでいると、年数の経過と共にフローリングの傷みが気になってきます。

 

日焼けによる色あせやギシギシというきしみ音、傷や凹みも年々悪化し、さらにはフローリング材にめくれやささくれが生じやすくなってしまうのです。

変色程度なら我慢できますが、素足で歩くことが多い部屋では、めくれやささくれは大きな問題で足に刺さって怪我をしてしまうことが懸念されます。

 

そのため、一般的にフローリングは15年~20年を目安にフローリングリフォームを実施するのが理想とされています。

問題はそれだけではなく、床下には湿気がたまりやすく、腐敗やシロアリの被害が発生しやすい場所なのです。

 

そのため、フローリングリフォームを実施する予定がないときでも、フローリング床下等の確認を行っておくことは重要な項目だといえます。

 

リフォーム時期に関連する記事

 

フローリングリフォームの基本はフローリング重ね張り

フローリングリフォームというと既存の床を全部剥がして、新品の床材を施工といったような大掛かりな施工をしなくてはいけないイメージがあります。

 

工事期間が長くなるから、仮の住まいを準備しないと…
とんでもない料金がかかるかもしれないし、予算的にも厳しそう
施工が大掛かりになるなら、フローリングリフォームは今はいいかな…

 

大掛かりな施工のイメージのせいで、このように考えてしまう人も少なくありませんが、現実的にはそのような工事が行われることはほとんどありません。

腐食などによって構造自体が劣化してしまったときは仕方ありませんが、一般的には既存の床の上から新品の床材を「フローリング重ね張り」していくのがフローリングリフォームの主な施行のやり方なのです。

 

このような施行のやり方は「レイアー工法」とも呼ばれています。

レイア―工法は、既存の床材をはがさないので、工程数が少なく工事期間が短いというメリットに加え、廃材がほとんど出ないため工事費用が安価で済むという特徴もあります。

また、フローリング重ね張りだからと言って、床板をただ上から張るだけというわけではありません。

 

床材についても「リフォームフロア」や「クッションフロア」等、素材もさまざまあるためイメージや用途によって選択することも可能です。

 

リフォームフロアの重ね張り

リフォームフロアによるフローリングリフォームは、既存のフローリングの上から重ね張り用のフロア材を1枚ずつ重ね張りしていきます。

材料の厚みは、6mm,3mm,1.5mmと3パターンありますが、特徴や耐久性、建具の収まり具合で選定していきます。

 

特に建具との兼ね合いは大事で、重ね張りしたことで床が高くなりすぎると、扉が床と接触してしまい、擦ったり、場合によっては開かなくなってしまうという問題が生じてしまう場合もあります。

 

工事を担当するリフォーム業者と検討しながら、ご自宅にあった材料の厚さを選択するのがいいと思います。

フローリングのメリットは硬質で耐久性があり、木質系ならではの肌触りを体感できるところ。

 

費用は高くなりますが、リフォームフロアのタイプの中には、木材をそのままフローリングの形に加工した無垢のフローリングも有ります。

高級感があり自分独自ののあるフローリングリフォームを考えているのなら、こういった種類のリフォームフロアを選定することで実現することができます

 

クッションフロアの重ね張り

クッションフロアの重ね張り

(出典:photo-ac)

台所や洗面所の床は、一見フローリングに見えても、歩行してみると本物よりも柔らかい感触があります。

この床材はフローリングではなく「クッションフロア」という床材を使用しています。

クッションフロアは、水を弾き、クッション性を持つ柔らかい素材です。

 

そのため、一般的に台所や洗面所、トイレなどの水周りに使用されることがほとんどですが、近頃ではリビングや洋室のリフォームで選択する方も多くなってきています。

クッションフロアの特徴は、先述したとおりクッション性と防水性にあります。そのため、転倒したときなどに怪我の被害を抑制することもできます。

 

水やジュース等をこぼしてしまっても床に水分が吸収されないため、掃除が簡単!

以上のようなメリットがあり、小さな子供がいる子育ての世代や、ペットを飼っている部屋におすすめな床材といえます。

 

見た目の綺麗さもフローリングと遜色ないので、現在、人気のある床のリフォーム方法となってきています。

工事の手間も少なく、リフォームフロアと比べると安価で工事できるのも魅力のひとつです。

 

デザインも木目調からレトロタイルまで色々豊富です。

ただし、耐久性についてはフローリングに大きく劣ることになります。

柔らかい素材なので、傷に対する耐性が弱く、重さののある家具をクッションフロアの上に乗せると、跡がそのまま残ってしまいます。

 

重ね張りに関連する記事

 

フローリングリフォームの際に注意すること

フローリングリフォームの際に注意すること

(出典:photo-ac)

フローリングリフォームの基本は、床材の重ね張りだと言うことは解ってもらえたかと思います。

床材を一から交換することなく、短い工期で費用をかけずに工事してもらうというのは、重ね張りの大きなメリットです。

 

しかし、重ね張りで注意しなければいけないデメリットがあります。

それは、床の高さが変わってしまうということです。

重ね張りということは、既存の床の上に新品の床を張るということです。

当然、リフォーム後は以前よりも床の高さは高くなってしまいます。

 

そうなると、床のリフォーム行わない場所とは、段差ができてしまうことがあります。

床の高さが変わったせいで、扉やクローゼットがぶつかってしまう可能性があるのです。

床の段差が心配なときには、リフォーム箇所と非リフォーム箇所の間に段差解消プレートを施すことで対策が可能です。

 

建具と擦ってしまうようなときは、建具の下部をカット加工し、高さを詰める場合がでてきます。

そのような場合追加費用となる場合がありますので、前もって打ち合わせ時にリフォーム業者に念入りに確認して下さい。

 

まとめ

フローリングリフォームは大掛かりなものと考えられがちですが、現実は床材の重ね張りで施工することがほとんどで、そこまで工事期間が長くなることはありません。

 

フローリングは、経年劣化によって傷やへこみ、めくれや色あせ等の問題がだんだんと生じてきます。

15年~20年を目安に床のリフォームを実施していくと綺麗な住まいを維持することができます。

床材の張替えではなく重ね張りするやり方が一般的で、リフォームフロアやクッションフロア等、さまざまな床材を使うことができます。

 

重ね張りした際に、床の段差や建具との取り合いが心配な方は、リフォーム業者とよく検討して下さい。

 

段差解消プレートや建具自体の下部のカット加工等、リフォーム業者はさまざまなな技術を持っているため、ご自宅に合った対策を提案してくれることでしょう。

 

最後におすすめ商品紹介

新素材・新工法の重ね張りフローリングはナオス・テック株式会社のナオスフローリング

カシピカカシピカ

こんなお悩みございませんか?


チェックボックス 傷だらけの床を新調したい

チェックボックス コストを抑えてフローリングを新調したい

チェックボックス 和室を洋室にしたい

チェックボックス 建具・インテリアに合う色のフローリングにしたい

チェックボックス 住みながらフローリングを新調したい

チェックボックス フロアタイルなど樹脂材ではなく、木質系のフローリングでこだわりたい

チェックボックス 床暖房だけどフローリングを新調したい

 

  ナオスフローリングならすべて実現可能です!

ナオスフローリングが選ばれる3つの理由

理由1

張り替え工事の約1/3ほどの低価格

既存床の上から張るので廃材が少なく、張り替えだ と数日かかる工事が短期間で完了するため、作業時間が減りコストカットにつながります。

張り替え工事の約1/3ほどの低価格

理由2

短工期&対応の良さ

短工期&対応の良さ

短工期&対応の良さ

理由3

有害物質の放散リスクを抑え安心・安全

従来の床を張替え工事は実は、今まで隠れていた有害な化学物質が放散されるのです。その結果、深刻な室内空気汚染が引き起こされるため、健康障害まで発展する恐れがあります。
本来ならば空気室検査を行って、現状を確認しなければいけないという大掛かりな工事まで発展する可能性がありますが、ナオスフローリングは既存の床を壊さずに、「上から貼るフローリング」なので、健康面も安心してフローリングを新調できます。

有害物質の放散リスクを抑え安心・安全


下地を選ばないのであらゆる既存床に施工可能

あらゆる既存床に対応可能


 
施工の流れ


  ナオスフローリングについてのお問い合わせはお電話またはメールフォームからお気軽にご連絡ください

botan


私は山形県でフローリングリフォーム業を営んでおります。
山形県でフローリング上張りを専門で工事しており、ナオスフローリングという商品を扱っております。

3mm厚の薄型フローリング上張りです。 (早い!高品位!安い!エコロジー!)

3mm厚のフローリングなので上張り工法のデメリットである、段差をほぼ解消でき、また、ほとんどの床に施工が可能となっております。

クッションフロアやP タイルやフロアタイルなどで、いかにもフローリングと見せかけても、やはり質感はあくまでも「木質系」にはかないません。

ナオスフローリングの上張り工法であれば、張替えより安価に満足感の高い、高級フローリング床を手にいれられます。

フローリング上張り専用フローリング材は他メーカーでも販売されておりますが、ナオスフローリングは他ではマネの出来ない差別化できる商品となっております。

ナオスフローリングの特徴

ナオスフローリングだと剥がさず上から張るだけで新品フローリングに!

これまでフローリングの張替えは既存のフローリングを剥がして、新たなフローリングを張るという方法でした。

そのため、剥がしたフローリングの廃棄処分費用や剥がすための手間がかかり費用もかさみました。

また、マンションのフローリングにほとんど使われているLL45といわれる遮音フローリングは柔らかいことから上張りが困難なため、通常フロアタイルと呼ばれる硬質塩ビタイルなどを張っていました。

フロアタイルは木質系の柄も沢山あるので、見た目の違和感もほとんどありませんが、床暖房の床に張れない、浮きや隙間が生じやすい等の問題がありました。

これらの問題を

【ナオスフローリングシステム】

は解決いたします!!



   

🔹ナオス・テック株式会社による認定技術者の責任施工で任せて安心です。

一般販売すれば売れる商品と解りつつも、単に売って利益をだす「売りっぱなし」自社思考ではなく、最後まで工事が必要とお客様思考ですので、しっかりと技術指導を受けた加盟店にしか販売施工出来ないシステムをとっております。

🔹大手建材メーカー『DAIKEN』との共同開発3 ㎜厚フローリング

3㎜厚なのでドアや建具などへ干渉するなどの影響が少ないです。

有害物質やシックハウスも安心の『F☆☆☆☆』獲得。

🔹今まで出来なかった… 『LL-45 等級』への上張り施工が可能!

直張り(遮音性)フローリング(※)に上張り施工が可能!!
産業共同での試験や、採用先での試験を通じ、「遮音性を劣化させない」「(指定工法で)畳同等の遮音性を確保できる」と確認できています。

既存の床の上に張るフローリング材は他にも流通し施工されていますが、防音の床の上に施工できるフローリング上張り材は弊社が扱うナオスフローリングだけです。

※敷設対象はLL45(ΔLL(Ⅰ)-4)等級まで

クッションフロア・長尺シート等にもそのまま上張りが可能です。

🔹新開発変成シリコンボンドで『床暖房』に上張りOK!

冷熱サイクル試験を通じて、熱による接着力の劣化がないこと、また、実生活環境化で敷設前後の床暖房の温度上昇定点試験を介して、温度上昇を大きく妨げないことは確認できています。

🔹施工が早い 『工期短縮』『低価格』(通常1~3 日/ コスト3~4 割減)

既存床の上から張るので一般的な住宅なら、1~3日で新品のフローリング床に生まれ変わります。

工事騒音が少なく、クレームが出にくいです。

施工研修を修了した専任加盟店が施工にあたるため、施工品質が安定している点も評価されています。

🔹傷んだ床だけでなく、模様替えとしても楽しめます。

日焼け、傷、はがれなど見た目が悪くなってしまった床はもちろんのこと、床色を一新したいときにもおすすめです。

最近では和室から洋室への変更を希望される方も多く、畳からフローリングへ施工も可能です。

🔹設置後の部分メンテナンスが可能!

ナオスフローリングは1枚単位で張替えができます。

🔹ペット・介護リフォーム対応の防滑シリーズもあります。

ナオスフローリングには、表面に滑りにくい処置が施された防滑仕様もあります。

すべての種にとって滑りにくいことを保証するものではございませんが、多くのペットオーナー様宅に施工しご評価いただいています。

🔹生産過程でUV 塗装されているからお手入れ簡単です!!(ワックス不要)

生産過程で表面にUV塗装が為されており、ワックス不要の表面仕様となっています。

定期的にワックスを塗る必要がなく、水拭きもできるメンテナンス性も評価されています。

大手ハウスメーカーのリフォーム・リノベーションのパッケージとして採用

「張替えに比べ、工期もコストも抑えられる」「施工性・意匠性が他社上張り材より優れている」 「やり直しが利くから、施工不良リスクがなく安心できる」とご評価いただき、着実に採用実績を伸ばしている商品です。

関東、関西では人気の商品となっており、まだまだ山形県では認知度が低く、フローリングでお困りの方に貢献し喜んで頂きたいと考えております。

高品質が認められ公団・公社、その他大手企業様に採用

施工事例


 

施工動画紹介


パンフレットです。こちらをタップ
キャンペーン開催中!!施工料金は今すぐこちらをタップ!!
ナオスフローリングについてのお問い合わせについてはお電話またはメールフォームからお気軽にご連絡下さい。
botan

対応エリア

山形県全域対応いたします。
※基本対応範囲は山形県になりますが、埼玉県、東京都、千葉県、群馬県、栃木県、茨城県においても加盟店のネットワークがあり同じ条件で対応させて頂けますのでお気軽にお問い合わせ下さい。
それ以外の都道府県の方でも対応の不可確認いたしますので一度お問合わせ下さい。

村山地域
山形市 寒河江市 上山市 村山市 天童市 東根市 尾花沢市 山辺町 中山町 河北町 西川町 朝日町 大江町 大石田町

最上地域
新庄市 金山町 最上町 舟形町 真室川町 大蔵村 鮭川村 戸沢村

置賜地域
米沢市 長井市 南陽市 高畠町 川西町 小国町 白鷹町 飯豊町

庄内地域
鶴岡市 酒田市 三川町 庄内町 遊佐町

■五十音別

【あ】
  • 朝日町 (あさひ)
  • 飯豊町 (いいで)
  • 大石田町 (おおいしだ)
  • 大江町 (おおえ)
  • 大蔵村 (おおくら)
  • 小国町 (おぐに)
  • 尾花沢市 (おばなざわ)
【か】
  • 金山町 (かねやま)
  • 上山市 (かみのやま)
  • 河北町 (かほく)
  • 川西町 (かわにし)
【さ】
  • 寒河江市 (さがえ)
  • 酒田市 (さかた)
  • 鮭川村 (さけかわ)
  • 庄内町 (しょうない)
  • 白鷹町 (しらたか)
  • 新庄市 (しんじょう)
【た】
  • 高畠町 (たかはた)
  • 鶴岡市 (つるおか)
  • 天童市 (てんどう)
  • 戸沢村 (とざわ)
【な】
  • 長井市 (ながい)
  • 中山町 (なかやま)
  • 南陽市 (なんよう)
  • 西川町 (にしかわ)
【は】
  • 東根市 (ひがしね)
  • 舟形町 (ふながた)
【ま】
  • 真室川町 (まむろがわ)
  • 三川町 (みかわ)
  • 村山市 (むらやま)
  • 最上町 (もがみ)
【や】
  • 山形市 (やまがた)
  • 山辺町 (やまのべ)
  • 遊佐町 (ゆざ)
  • 米沢市 (よねざわ)